楽天証券に移行するという旨の記事を書きましたが中止することを決めました
まあいろいろ考えたのですが結局デイトレードは松井でやるしかないという結論に達しました


そもそも僕がわざわざ楽天証券に移行しようと思った理由は
前回のブログの通りランキングです


僕はランキングを重視してトレードしています
そしておそらく僕と似たようなやり方でトレードしている人がどこかにいると勝手に思っています

その人はおそらくデイトレーダーでおそらく松井証券でデイトレードしていると思われます

とするなら松井証券のランキングより性能の良いマケスピ2のツールを使えば
松井を使ってトレードしている人たちの先手を打つことができると思いました


そんなわけで楽天証券に移行しようと準備してきましたが、
実際に場中にマケスピ2を使ってみると色々な問題点が上がってきてダメだこりゃとなりました

以下の通りですが、実はもっとあります
ですがツールの仕様の違いもあるのでこのくらいで許しておきます



・ランキングのフラグ機能
僕は監視銘柄をこれで管理しようと思っていましたが実際にやってみるとうまくいきません
ランキングがリアルタイムなのでフラグを付けようと思ってもすぐ動いてしまって付けられません

せめてワンクリックでフラグを付けられたらよかったです
三回クリックしないと付けられないので面倒です

そして仮に付けられたとしても後場になるとフラグが多すぎで何がなんだかわからなくなってきます





・板の表示の遅さ
ランキングで銘柄をクリックすると板、チャート、その他情報を
瞬時に表示することができるわけですがちょっと遅いんですよね

連続で切り替えまくると1秒くらいかかったりします
デイトレードでは速さは重要なのでこれは困ります

僕のパソコンが低スペックなせいのような気もしますが
現状では買い替える余裕はないのでどうしようもないです

あと、楽天証券に入金してないので発注したことはありませんが
発注にも不安があるのかもと思いました





・チャートから板に銘柄情報を移動できない
松井だとドラッグすればできますがマケスピ2は証券番号を打つかランキングから引っ張り出すか
しないといけないのでここでも時間がかかります

これは楽天証券に移行しようとした時からわかってて、
ランキングと銘柄セレクターの履歴欄でなんとかなると思ってましたが
実際にやってみるとチャートから直接ドラッグできる松井には敵いませんでした





・前日の価格情報をチャートに反映してしまって見づらい
なんて書いたらいいのか難しいです

松井やSBIのツールでマルチチャート機能を使うと
前日から大幅GDやGUで1分足を見ても見づらくありません
これは前日の価格情報をチャートに反映してないからなんですって書いてわかるでしょうか

何かしらの材料を出して大幅GDかGUするとチャートがめちゃくちゃ見づらくなることがあります
移動平均線とかボリンジャーバンドを表示して1分足を見ると
前日の価格からの落差が大きすぎてチャートが潰れてしまいます

前日の価格情報が無いぶつ切りの状態で表示してくれると見やすいのです
多分デイトレやってる人ならわかると思います

要はこれがマケスピ2にはありません

まあとはいえ疑似的にそんなようなチャートに設定できなくもないので
これはそこまでマイナスではないです
ただ毎朝直さないといけないので面倒です



・ランキングや株価ボードの画面から権利落ち日であることが確認できない
これ松井の時は当然のようにあるものだと思ってましたが無いところは無いみたいですね
無かったら無いで困るんです

松井だと権利落ち日に現在値の左らへんに記号を出してくれるのですが
これがマケスピ2にはありません

確認するのが面倒なのでこうやって表示してくれるのはありがたいことです





まずいところをこういくつも見つけてしまうと乗り換える気持ちもなくなってしまいました
武蔵は使いやすそうだったりいいところもあるのですが乗り換えるほどではないかなと・・・

乗り換える前にいろいろ気付けてよかったです
入金してから気付いてたら何かしら損していたかもしれません

と言いつつすでにマケスピ2のためにモニターアームを買っちゃってたのでちょっと損してました





マケスピ2はツールとしては非常に高性能だと思うのでサブツールとしてはいいかもしれません


まあマケスピ3に期待ですね・・・・・・・・・

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット